みかん缶で風邪予防!喉風邪に効く!

私は小さい頃から体が小さく弱く、毎週風邪をひき小児科に行っては今度は小児科でまた別の風邪を貰いまた小児科に逆戻り…というような生活を中学生にあがるまで続けていました。
小学4年生ぐらいの頃、小学校でなぜか牛乳が流行り、
背も低かった私は背を伸ばしたい一心で家でも常に牛乳を飲むようにしました。
するとみるみるうちにぶくぶく太り、そしてそのあとは身長も伸びていき、
小学校高学年になる頃には学年で一番身長も高い、体格のいい女子にしあがりました(笑)
しかし基本的に体質は変わらず、中学生になってもやはり体調を崩しやすく、
周りの友達よりも風邪をひきやすかったのです。
必ず体調不良は喉の痛み、違和感から始まっていました。
マスクをして寝ると乾燥を防げるので喉の痛みを緩和できると聞き高校生の頃にはもっぱら寝るときはマスク着用で寝ていましたが、
さほど効果も感じられません。
その後なぜか缶詰のみかん(シロップ漬けの甘いもの)にハマり、毎日みかん缶を食べるようになったのですが、
その年は風邪を一切引くことがありませんでした。
多少手足は黄色くなる気はしましたが、
みかん缶を毎日、みかんがないときはオレンジジュースを飲むようにしていましたが、
オレンジジュースでも同様の効果が得られました。
おそるべし柑橘類の底力!
喉からの風邪をひきやすい方におすすめです。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。